--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/04/06 Wed  15:23
住むだけで若返る? アンチエイジングマンションの実力

高齢化社会を迎え、さまざまなアンチエイジング商品が開発・販売されているが、ついにこんなものまで!

「昨年十一月、アンチエイジングマンションが完成しました。将来的には貸し出す予定ですが、現在は若返りの効果をたしかめるため、私が住んでいます」((株)明来代表取締役社長・藤田精(たくみ)さん)

 住んでいるだけで若返るなんて……あり得るの?

「眉唾に思われるのは当然ですが、当マンションはアンチエイジング研究の第一人者、大阪大学大学院医学系研究科の森下竜一教授の監修の下で作ったものです」(同前)

 監修をおこなった森下教授の解説。

「玄関から廊下にかけて飛び石状に並べられた竹筒には足の裏のツボを刺激して免疫を活性化してくれる働きがありますし、リビングテーブルの下に装備されているラドン温泉の足湯も免疫の活性化に効果があります。さらに、足湯には全身の血行をよくしてくれる働きもありますから、見た目のアンチエイジング=美容効果も期待できます」

 まだまだ続く。

「トイレには肩こりに効き目があるマイクロ波発生装置が取り付けられています。炭酸泉の出るお風呂は全身の血流と新陳代謝をアップ。ベッドの枕元からは高濃度の酸素が吹き出し、プロスポーツ選手が愛用している『酸素カプセル』と同様の疲労回復効果と質の良い睡眠をもたらしてくれます。睡眠不足は肥満の原因のひとつ。このベッドで寝れば適正体重を維持しやすくなります」(同前)

 ハイテクだけではなく、不思議な設備もあちこちに。

「玄関には大きな鳥居を立て、廊下には千本鳥居を並べました。和室には床の間ではなく神社の本殿を設け、さらに風水を取り入れることによって部屋全体をパワースポットにしています」(前出・藤田さん)

 で、その効き目のほどは?

「以前は不眠に悩んでいたんですが、最近はぐっすり眠れるようになりました。また、ぜい肉がとれて身体が軽くなりました」(同前)

 気になるのはお家賃だが。

「月額百万円を予定しています」(同前)

 やはり、アンチエイジングにはお金がかかる? (岡崎博之)

(週刊文春2011年3月24日号「THIS WEEK 住宅」より)
スポンサーサイト
Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック:]

プロフィール

Author:美容室ヘア
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ

        ホーム         >> 吉祥寺美容室 原宿でチャリティースナップ-人気読モ・きゃりーぱみゅぱみゅさんと2ショット 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。